学んでますか、最近?

褒める。煽る。皮肉るBlog。

【論語】ちょ、孔子先生wwwwwwwww

論語 (岩波文庫 青202-1)

 

孟子同様、当然、論語も好きだ。

 

この論語は、岩波の孟子よりも見やすいので、なおさらいい。

 

そこから一つ紹介を。

 

先生(孔子)が言われた。

40過ぎて人から信用されていないようでは、まあ終わりだろうね。

 

ちょwww

 

うわぁ・・・www

 

そこまでぶっちゃけて言っちゃいますか孔子先生wwwwww

 

論語のこの部分を初めて読んだ時、吹きましたよ(笑)

 

まさか論語を読んで吹くとは思いませんでしたからね(笑)

 

この章句を読んだときは確か24歳くらいのときだ。

 

今わたしは30歳。

 

40歳まで、あと10年。

 

それにしても、孔子先生の言うとことの「終わり」っていうのはなんなんだろう?

 

仕事ができなくて社会的に終了ってことでいいのか?

 

もっと、別な風に解釈すべきか?

 

 そういえば、経済評論家の山崎元が以下の本でこんなことを語っていた。

 

山崎先生、将来、お金に困らない方法を教えてください!

 

28歳までに、「この仕事で自分は行くぞ!」と決心する。

35歳までに、その会社、業界で「この人は仕事ができる」という信用をえる。

45歳までに、会社に今後も頼らず、自分自身のリソースで戦える準備をする。つまり独立を視野に入れる。

 

このことから考えると、ある程度の年になって信用がないというのは、次のステージにいけず、成長がない、といえ、それでいいのかい君は?? と、孔子先生は問うているのではないだろうか。

 

しっかし、孔子先生のあの章句は、ドキッとするなぁ。

 

35歳まであと5年。40歳まであと10年。

 

日々を大切にせねばですな。

 

 

 

【孟子】いつになったら高速が無料化するんですかね?

孟子〈下〉 (岩波文庫)

 

引き続き孟子(下)から。

 

孟子が言われた。

「昔、関所をつくったのは、乱暴を防ぎ止める為であったが、今の関所は人や物に重い通行税を吹っかけて、まるで乱暴を働く為につくったようなものだ。」 

 

面白!

皮肉www

 

直感的にそう思った。

 

というのは、この点は孟子の時代から2300年たっても変わらないからだ。

 

例えば、高速道路なんてそうですよね?

 

あれ、いつになったら無料化するんですかね?

 

ドイツのアウトバーンは無料じゃないですか?

 

高速道路が無料化すれば、あらゆる商品の輸送費が下がって、社会の構成員全員がとくするじゃないですか?

 

なんで無料にならないんですか?

 

ほんと、なんなんですかね?

 

 

そんなことを思いめぐらすキッカケを与えてくれるから、孟子はいい本。

【ナポリタン】パンチョは〇〇ナポが1番美味い!!

f:id:sukosimo_samuku_nice:20190418192500j:image

 

またまたまたまたパンチョですみません(笑)

 

今日は趣向を変えて、海鮮ナポ850円です!

 

普通のナポより160円ほど高いですが、

 

イカの歯ごたえ!

 

海老のプリップリ感!!

 

これが、たまらないんだ。

 

これに、タバスコとマヨネーズをかけちゃったならもぉ…

 

 

(゚ρ゚*)

(¯﹃¯*)

(*´﹃`*)

 

 

ですね!(笑)

 

 

 

 

【そば】かき揚げと精進揚げの違い

f:id:sukosimo_samuku_nice:20190419225206j:image

 

かき揚げ、好きですか?

 

私は大好きです。

 

今日のお昼はいろり庵きらくのかき揚げ丼かけそばセット650円。

 

しかし、このかき揚げ、厳密に言えば…

 

かき揚げではない!

 

というのは、野菜しか入ってないため、正確に言うと精進揚げと言ったほうが正しいだろう。

 

こち亀にこうある。

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20190419233810j:image

 

こち亀は勉強になるなあ…

 

 

【孟子】そこまで言うか?!?!

孟子〈下〉 (岩波文庫)

 

引き続き孟子にハマっている。

 

10代20代を振り返ると、自分自身よく「変人」とか「変わっている」と言われることが多かった(今はそうではなくなってきたが)ので、そこから、

孟子を読めば人生間違いないと思い、精読しては気になるところにどんどん付箋を貼っている。

 

今日は下巻からまた一つ紹介したい。長いけれど是非読んでいただきたい。

 

孟子の門人が尋ねた。

「先生、舜が天子で、舜の父が殺しをしたら、その処分はどうなるのですか。」

孟子は答えた。

「もちろん、捕まえるだけのことだ。いくら天子と言えども法を私(わたくし)にすることはできないのだ。

門人がまた尋ねた。

「ではこの際、舜はどうしたら良いのでしょうか。実の父が死刑にあうのを黙ってみていれば良いというのでしょうか。」

孟子は言われた。

「舜は天下を捨てることは破れ草履を捨てるくらいにしか思っていない

天子の位を投げ打ってひそかに父を背負って逃げ、人知れぬ海辺にそって遠い辺境の地に行って隠れ住み、一生涯にこにこして父に仕え楽しみ、天下の事などは全く忘れてしまう事だろう。」

(「孟子(下)p365-366 小林勝人訳注 岩波文庫 1972年)

(※強調は私アカツキによるもの)

 

 読んでいてどう思われただろうか?

 

 この部分、新宿のカフェで読んだのだが、

 

 

えええええええええええ?!?!?!?!

 

…と、感じた。

 

確かに、親は掛け替えのない存在だからということはわかるけれど、天下を捨てることは容易いというのは、どうもなんというか、納得いかない。

 

世のため人のための仕事よりも何よりも、実の親に仕えること、親を悲しませないことが大事だというのだろうか?

 

うーん。

 

もちろん親がいなければ自分という存在はあり得ないわけだから、親を大事にするということは分かりますけれども…

 

しかし、極端すぎやしないか?

 

うーん、うーん。

 

こう思うのは、自分自身が親孝行ということをそれほど意識していないからだろうか。

 

前半の「法を私にしてはいけない」ということはよくわかる。

 

後半はしかし、なんというか、ドラマチックすぎる。

 

この章句についてはまた機会を設けて考えていきたいが、それにしても孟子は面白い。

 

 

【モスバーガー】テリヤキが至高

f:id:sukosimo_samuku_nice:20190415013438j:image

 

 モス、好きですか?

 

 私は大好きです。

 

 学生時代にトータル6年アルバイトしていたこともある。

 

 今回は小腹が空いたのでテリヤキとクラムチャウダーを。

 

 これが、たまらん。

 

 テリヤキの甘いようでしょっぱい味・・・!

 

 レタスのシャキシャキ感・・・!

 

 クラムチャウダーの優しい味・・・!

 

 

 これは、一生食える。   

【PayPay】モンテローザないす!!!!

f:id:sukosimo_samuku_nice:20190415013419j:image

 

 阿佐ヶ谷のキタノイチバ・・・? だったかな、そんなモンテローザグループの居酒屋に行ったときのことだ。

 

 この唐揚げがうまかったのは言うまでもない。

 

 それよりもこのお店はPayPayが使えることがよい!!!!

 

 ペイペイ、ご存知だろうか?

 

 私はクレジットと紐づけていて、常に10%ポイント還元だ。

 

 最も身近なところではファミマや松屋くらいでしか使えないが、どんどん普及してほしい。

 

【求人】なっ…ジブリが…?!

スタジオジブリ作品 となりのトトロ マトリョーシカ

宮﨑駿 新作長編アニメーション映画制作のためのスタッフ募集 - スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI

 

これは…!!!!

 

珍しい(笑)

 

スタジオジブリは、今の勤務先にも近いし、それにジブリ作品は大好きすぎるから、俄然興味が出る(笑)

 

もちろん応募はしないけれど、仮に自分が美大生であったなら申し込んでいるかもしれない。

【ナポリタン】ファミマでパンチョが登場!!

f:id:sukosimo_samuku_nice:20190415013357j:image

 

飯テロすみません!!!!

 

再びのパンチョです(笑)

 

しかしこれ、ファミマで販売されているものです!

 

そうです。

 

とうとうパンチョも大手コンビニに進出したのです!(笑)

 

これはパンチョ大ファンとして嬉しい(笑)

 

しかし────しかしです。

 

・・・

 

食べてみてですね・・・

 

やっぱりお店の方が・・・!

 

と、なりました(笑)

 

ちなみにこのナポリタン、カロリーいくつだと思います???

 

なんと・・・

 

なんとですね・・・

 

857kcalですって!!!!

 

でかすぎる(笑)

 

そしたらお店のパンチョはどうなるんだろう・・・(怖)

 

今後は、パンチョに行くときの前後5時間は何も食べないようにしようと思います(笑)

 

 

【そば】阿佐ヶ谷の富士そば……ええええ!!

f:id:sukosimo_samuku_nice:20190415012323j:image

 

阿佐ヶ谷で旧友を待っている間に、駅周辺をウロウロ。

 

ポ、ポテチそばだとー!!!!

 

富士そばさん、アバンギャルドすぎないですか?!?!?!?!(笑)

 

しかし────しかしです。

 

揚げたてサクサクとある。

 

ということは、東京駅にあるようなカルビーの屋台のように、揚げたてのポテチを乗せて出してくれるのだろうか…?!

 

これは………

 

じゅるり案件ですね(*´﹃`*)(*´﹃`*)(笑)

 

 

【名言】孟子と吉田松陰

孟子〈下〉 (岩波文庫)

 

 ある意味かなりマニアックかもしれないが、孟子が好きだ。

 

 大学院時代に西洋哲学を学んでいたのだが、その反動で東洋哲学を学びたくなったことがキッカケだ。

 

 その流れで吉田松陰にひかれた。

 

吉田松陰一日一言

 

 彼のことを調べると、彼が野山の獄という、入ったら間違いなく生きて出られないという牢屋に入れられた際に、

囚人に対して孟子を講義して、他の囚人はおろか、刑務官すらも感動して、結果的に釈放されたという伝説がある。

 

 そこから、孟子を読むようになった。

 

 今日は孟子の下巻から一つ章句を紹介したい。

 

孟子が言われた。

「およそ秀でた人は概ね非常な災いの中にあって、その才能が磨かれたからである。」

 

 これはグッときた。

 

 つまり不幸、不遇のなかにおいてそれを悲しんでそれに流されることなく、「なにくそ!」と発奮し、それをはねのけるくらいの気概を持つことによって、人は磨かれるということだ。

 

 翻って、今日は仕事でちょっと残念なことがあったのだが、今後はそれに流されず、むしろその機会をありがたいと思ってそれは成長の機会だ!と思うようにしたい。

 

 

 

 (・・・珍しく意識高い系のことを書いたなぁ・・・。)

【ちゃんぽん】やっぱり武蔵境じげもんとんはクセになる!

f:id:sukosimo_samuku_nice:20190413231746j:image

 

またまたまた来てしまった、じげもんとん。

 

5日ぶり4回目。

 

本日は生卵をトッピング。

 

生卵のとろみとちゃんぽんの麺とスープとのハーモニーがまた…!!!!

 

 たまらぬ。

 

野菜もシャキシャキ最高ですって!

 

ちゃんぽん以上の、パーフェクト飯ってあるんですかね?(笑)