アーモンド買いましたよ!!!!!!!!

 

 前々から欲しかったアーモンド1キロがようやく届いた!

 

 

ででん!

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20190119040400j:image

 

大きさを知ってもらいたいので、箱の上にメガネケースを置きました。

 

やたらデカい。

 

ここは安定のAmazonさんですね(笑)

 

開けると…

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20190119040455j:image

 

そのまんまかいっ!!!!!!!!

 

 

手にとってみると…

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20190119040529j:image

 

うん、、なかなかの重量感。

 

よーし、食べよう!

 

f:id:sukosimo_samuku_nice:20190119040555j:image

 

 

 

 

うまいっ!

 

 何も味付けがないので。ややそっけない感じはあるけれど、それでもアーモンド本来の「うまみ」は十分にある。

 

 買って良かった〜

 

 

株を買うことってどういうことか知ってます?

 

 ウォーレン・バフェットって知っていますか?

 

 世界一の投資家として有名ですよね。

 

 私も一時期投資にハマっていて、彼のマンガを読んで感動したことがある。

 

 

 彼が10%ほど株を保有していたソロモン・ブラザーズという投資会社が破綻した時、大株主として臨時の代表取締役となり、記者会見で会社の代表として謝罪し、責任者を解任させ、新聞で謝罪広告を出し、そして彼の判断、決断で見事にソロモンを立て直した。

 

 そのことから、株式投資をする場合は、極端な場合その会社の代表として活動できるか? という視点がとても重要ではないかと思った。

 

 それはつまりキャピタルゲイン(株の値上がりの際に売却して得られる利益)やインカムゲイン(株を長期保有していることで得られる配当金)を狙うのではなく、純粋に

「その会社が好きだ」

「その会社が未来永劫残って繁栄してほしい」

「その会社が存続するのなら自分ができることがあれば協力したい」

という視点でバフェットは株式投資をしているのではないか? と思わざるを得ないと感じた。

 

 もちろんそのような視点だけでなく、株は「ファンダメンタルズ分析(企業の財務や商品力などの分析)」と「テクニカル分析(値動きの線を見て次はどう動くか? を分析すること)」の二つをしっかりと勉強していれば、株で稼ぐということはできるだろう。

 

 私もここ1年半ほどは株の勉強をしてきていろんな本を読み、実際に株の売買をしていたが、トータルではほとんど勝ててはおりません(苦笑)

 

 今まで何十万円も売買してきたけれど、トータルではプラス2,000円くらいだろうか・・・。

 

 特に、最近は日経平均がグッと下がってしまったから、それにつられて私の保有している株や、それだけではなくTOPIX投資信託や外国株式の投資信託もグッと値下がりしてしまった。

 

 やれやれ。

 

 つい村上春樹になってしまいますよね。

 

 何れにしても、あきらめないで勉強を続けないとだめでしょうね。

 

 芦田宏直氏(哲学者)が「勉強していればその時点で勝っている。負けていても勝っている。」と言っていたけれど、そういうことなんだろうな。

 

 投資を続けるなら、バフェットの本を読むべきだろうな。

 

 一番有名なのバフェットからの手紙だけれど、最近また新刊を出したみたい。

 

 

 スノーボールってなんでしょうね?

 

 

及川眠子、知ってますよね?

 

 「残酷な天使のテーゼ」、唄ったことありますか?

 

 ありますよね。

 

 「少年よ神話になれ」っていう、あれです。

 

 それを作曲したのは及川眠子

 

 知ってますか? そもそも読めますか? この名前。

 

 「ねこ」って読むみたいです。びっくりですね。笑うよね笑

 

 及川眠子残酷な天使のテーゼを作詞した段階だと、エヴァを見たことなかったそう笑

 

 これはwikiに乗ってると思いますが、これも爆笑しますよね笑

 

 アニメを代表するようなテーマソングの作詞者がそのアニメを見たことないっている笑

 

 笑うしかないですよね笑

 

 それでも、残酷な天使のテーゼは常にカラオケランキングの上位だし、聞いた話によると一曲唄うごとに作詞者に数円ちゃりんちゃりんと収入が入るようだから、凄まじいですね。

 

 凄まじすぎて更に笑えてきますよね笑

 

 そんな及川眠子がエッセーを書いていた。

 

 

 ちょっと面白そう。