学んでますか、最近?

飯テロ、ときどき学び系

寿司打と自己客観視についての一考察

f:id:sukosimo_samuku_nice:20170822001354j:image

 

 ここ3週間くらい毎日ズーッとやってきたおかげで、とうとうブラインドでも高級コースで10,000円を上回ることが出来た…!

 

 よっしゃよっしゃ、小さな成功体験だけれど、これが大事だ。

 

 

 ところで、私はmoumoonという男女2人組のポップデュオに昔から注目していて、特に好きな曲に『リフレイン』がある。

 

 

 『リフレイン』の歌詞は総じて前向きで、特に以下の歌詞が好きだ。

 

 私はどこまでも強くなる

 

 ポイントは『どこまでも』 というフレーズだ。

 

 人間が 『強くなる』ことには普通に考えると、限界がある。

 

 普通に考えて、人間が熊やライオンと素手で戦って勝てるわけがなく、また100mを1秒台で走れることもない。

 

 頭が良いと、「自分の頭の良さはこれくらいで、周囲はこれくらいだから、自分はこれくらいの位置には付けるかな。」と、自分の能力を客観視でき、全てを数値化、具体化、想定内化する。

 

 しかし、そのクレバーな客観性を発揮した先には、遂にブレイクスルーが訪れることはないであろう。

 

 別な言い方をすると、そこにはワクワク感がないし、はっきり言って面白くないのだ。

 

 自分自身で限界を決めず、『私はどこまでも強くなる』ということは、悪く言えばフワフワしていて「何子供みたいなこと言ってんだ」という風にも捉えられるが、限界を決めないことによって、自分が想定していないところまで到達したり、夢にも思わなかったことが達成されたりすることもあるだろう。

 そして、それは人をワクワクさせるものだ。

 人は、ワクワクすると、顔がほころび、笑みがこぼれ、クリエイティブになる。

 あるベンチャー企業の社長が、こう言っていた。

人は笑ってる時が1番クリエイティブになるんです。

 クリエイティブになることで、今までこの世界になかったものが誕生する。

 そうして、人間はその殻を破るのである。

 

 

 まとめると、何かをするときに、むやみに具体的な目標を決めず、先ずは目の前の対象を楽しみ、そしてその先は敢えて漠然と、今以上の自分に成長するんだ、という決心を持つことがとにかく重要ではないかと思うのだ。