学んでますか、最近?

飯テロ、ときどき学び系

今まで挫折ばかりの人生だ

 転職活動をしているのだけれど、先日受けた第一志望の企業に落とされてしまった。

 まさか最終面接で落とされてしまうとは。。。

 いや、今まで最終で落とされることも一度や二度はあったけれど、最終で落とされるのは、きつい。。。

 

 あれほど熱く面接では語り、「内定を頂いたら他の企業の選考は全て辞退します!」とまでいったのだけれど、現実は厳しい。

 

 この企業の結果待ちのために、他の企業の選考を本当に受けていなかったのに。。

 

 …いや、それがいけなかったのかもしれないなぁ。。。投資において、「卵はひとつの籠に全てのせるな」という格言があるように、リスク分散ができてなかった。

 くっそう、、、株や投信では分散投資はバッチシできている自分なのに、本当の生活を支えることになる転職活動の方でできていなかったとは、何とも情けない、不甲斐ない、やるせない、悔しい・・・。

 

 いや、それにしても、今までの人生、挫折ばかりだ。

 

 高校受験はうまく言ったけれど、大学受験で失敗して第5志望の大学に入り、法律家を目指すも、自分にとっては難し過ぎて挫折し、好きな人にアプローチしても振られ続け、就活では失敗し、大学院へ進んだが、そこでも勉強がついていけず、休学し、また大学院時代も恋愛で失敗するけれど、なんとか修士論文は書き上げ、第一志望の会社に入るも、仕事と人間関係のことで鬱病となり、休職し、そして最近では転職活動によるストレスからか、前立腺炎になる、という。。。

 

 本当に挫折、失敗、受難ばかり。

 

 ただ、一つ言えるのは、挑戦するということは継続してやってきたし、自慢できるものではないが、それなりの結果を出すところは出してきた。

 なので、自分自身の挫折ばかりの人生にやれやれ、と思いはするけれど、自分自身に失望はしていない。むしろこれらは全て経験財産として、今後に活きていくものだと信じている。

 振り返って思うこととして、挫折や失敗をもしかしたら防げたところも多かったのではないかな、とも思っている。

 防ぐための、適切な事前準備がおろそかだったのかもしれない。

 ただ闇雲に努力するという、量的な問題ではなく(それもあるかもしれないが)、努力のやり方、方向性、つまり工夫が間違っていたのかもしれない。

 その意味では、事前の情報収集、人に相談が足りてなかった可能性がある。

 これらは少しめんどくさいところもあるかもしれないが、成功度を高めるためには、必ずすべき事前準備だった。

 それが、今までの挫折や失敗した場面でできていなかったと思う。

 

 今回の最終面接で落とされたことに関しては、感情的になってチキショー!と叫んだり(自室にいるので、軽くね)、ベッドを思い切り殴ったり蹴ったりした。

 こういう、ストレス解消も大事だとは思う。クレヨンしんちゃんのあの親子(名前思い出せない)もやってたし。