学んでますか、最近?

飯テロ、ときどき学び系

空気の支配についての一考察

罰でランニング、高1重体:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGKKASDG25HBU_V20C17A8CC1000/

 

 人災だ。

 

 学校社会は、どうしてもまだ前時代的というか、先生の言うことは絶対的というか、根性論が美徳というか、周囲の空気を読んでそれに迎合することがBestというか・・・。

 

 あぁ、いやだいやだ。

 

 重体になった本人は、自分から進んで走ったというけれど、果たして本当か?

 自分から言い出さないといけない「空気」になっていたのではないか?

 山本七平の『空気の研究』という本がある。

 

  

 

 この本で山本は言っていたことを要約すると、

 「太平洋戦争は、『太平洋戦争を起こした方がいい』という『空気』が起こした。人ではない。」

 と言うようなことだ。

 今回の事件も、悪いことが起こることが明らかに見えているのに、それを誰も言い出さず、流されるがままになってしまっていたのではないだろうか。

 言いたいことも言えず、まわりの醸し出す空気に支配されて、乗っ取られて、ついに身を滅ぼす。

 やだやだ、だめだだめだこんなの。ぜっっっっったいにダメ!

 立場とか、居心地の悪さとか、そういうのも全て取り払って、本音で語れる関係、集団、組織、社会になれば、結果としてよりよい社会になるんではないだろうか。