学んでますか、最近?

インタレスティングなものを探して。

数字

 

数字を上げることは大変だ。

 

改めて思う。

 

予算実績資料に載っている数字、それはただの文字だ。

 

しかし、それが下がるとき、或いは上がる時は、一言では決してまとめられない人間の感情が渦巻いている。

 

つまり、数字の裏にはドラマがある。

 

それが、面白い。

 

数字が下がるとき、いかに落胆するか。

 

数字が上がったとき、いかに達成感を感じるか。

 

営業的な仕事をしていて、数字が上がった時はやっぱり嬉しいものだ。

 

ただ、数字が悪い時に、いかに平静でいられるかが肝だ。

 

いや、平静というか、いかに前向きに悲観できるかだと思う。