学んでますか、最近?

飯テロ、ときどき学び系

『だから服にはお金をかけなければならない』

 

今日、職場にてビジネスカジュアルデビューを果たした。

 

夢の。

 

いや、本当ですよ、夢でしたもん。

 

昔から、新卒1年目の時からですね、この時からの夢だったんですよ。

 

ちなみに今日はどういうスタイルかというと、上が紺のジャケットで、下がグレーのスラックス。

 

 いや、これが合いますねん。

 

 まーじで士気が上がるんですよぉ、士気が!

 

 士気。

 

 つまりは仕事に対するやる気っすよ。

 

 ビジネスカジュアルって、仕事を楽しんでる人の服装って感じなんですよね。個人的にはそう思います。

 

 そういう服装を、とうとう自分もできるような、あるいはしてもいいというように自分自身に判断を下せた(自己制御を解除した)のは、一つのブレイクスルーだと思っている。

 

 自分自身の行動のことを客観的にブレイクスルーだなんて言うなんてやや恥ずかしいが、しかし今日という日はひとつ記念日的な日になった。

 

 そんな初のビジネスカジュアルスタイルだった今日はなんだか、一分一秒、刹那刹那、どんな瞬間においても、なんというか「誇らしさ」を感じながら仕事をすることができた。

 

 こんなことは初めてだ。

 

服装一つでこれほどまでに仕事に対する見方が変わるものなのか。

 

 ほとばしるほどに目から鱗が落ちたのだった。

 

 服には、何か説明できないほどの力があるんだな。

 

 いや、自分自身が服が好きだからそう思うのかもしれない。

 

 服なんてさ、いや急に翻りますがね、極端な話、とりあえず着れてさ、清潔感がそれなりにあればいいのかもしれない。

 

 しかし、服に対して何か強い思いがある人には、それは他の人以上になにか強い力を与えるものなのかもしれない。

 

 自分自身は服に興味を持ち始めた15歳の頃から、継続的に強い強い興味を抱いていた。

 

 そういう風に思うからこそ、服にはお金をかけなければならないのだろう。

 

 人によっては時計であるとか、車とか、カバンとか、ガジェットとか、外付けとかかもしれない。

 

私は、服だ。

 

私は、服を信じる。