学んでますか、最近?

褒めるブログ。時に皮肉ったり煽ったり。

橋本治さんのニュースが入ってきたと思ったら・・・

blogos.com

 

 橋本治という作家、ご存知ですか。

 

 内田樹が憧れていた作家である。実際に彼は橋本と対談をしているくらいだ。

 

 

 私は内田氏の本2008年頃から沢山読んできて、その中でしばしば橋本が引用されていたので、名前とまたその他の誰にも似ない文体を知っていた。

 

 彼の本で衝撃を受けたのは、この本だ。

 

 

 この本の冒頭は、こうだ。

 

 「人はなぜ「美しい」ということが分かるのでしょう? 知りません。 知っていたらこの本を書く必要がありません。 だから今から考えていくのですよ」

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

 なんだ、これは?!

 

 岡本太郎ではないが、冒頭から腰を抜かした。

 

 なんだかまるで目の前で橋本が私に語りかけてくるような文体・・・。

 

 これが、プロ中のプロの作家か・・・。

 

 この本は8年ほど前に読んだけれど、今でも冒頭を覚えているくらいなので、大変衝撃を受けた。

 

 そんな彼がなくなったとは。

 

 一つの時代の終わりを告げたかのよう。