学んでますか、最近?

飯テロ、ときどき学び系

【マンガ論】面白いマンガの共通点は◯◯◯だ!

 

 ホンットにスラムダンクは面白い!

 

 いま、20巻中18巻まで読み、Amazonで残りの19巻と20巻を買ってその到着を待っているところだけれど、ワクワクしてしょうがない。

 

 話はインターハイの2回戦。

 

 圧倒的王者の山王工業(能代工業がモデル)と湘北との戦いだ。

 

 前半は善戦して最初に得点を決め、周囲に驚きを与える。

 

 しかし後半が始まって3分ほどでなんと湘北は20点以上も離される。

 

 普通そうなったら戦意喪失し、実際チームの桜木花道以外はほとんどやる気をなくす。

 

 しかし安西先生は桜木にあの名言を語る。

 

 あきらめたら試合終了ですよ・・・?

 

 でたーーーー!

 

 読んでいてそう思った人も少なくはあるまい。

 

 というのは、この台詞は6巻でも一度出てきているのだ。

 

 

 以前のブログでも紹介したけれど、スラムダンクは哲学めいた台詞が多く、そのなかでも代表てきなものがこの台詞なのだ。

 

www.akatukiiori.com

 

 スラムダンクはシリアスなシーンの中に急にマンガチックな要素が入っていて、その緩急の付けどころがあるのがマンガを読む人を飽きさせない。

 

 素晴らしく面白いマンガに見られる傾向として「この後どうなるんだろう??」感というものがあるが、スラムダンクもこの例にもれず、とても引きつけられ、ワクワクが半端ない。

 

 「この後どうなるんだろう」感。お分かりいただけるだろうか?

 

 例えばジョジョリオンやスタンドバイミー描クえもん。

 

 

 

 これらは読んでいてまっっっっっっっったく先が読めない。

 

 こんな物語を創れるだなんて、この方々は天才だな、と感服せざるをえない。

 

 そんな風に感動して、尊敬して、それから影響を受け、自分自身の日々の生活に活力を与えるような存在、なんて素晴らしいのだろうかね。

 

 今後もそんな作品に出逢いたいし、出逢わなければならないと思う。