学んでますか、最近?

飯テロ、ときどき学び系

【教育】あなたの学歴はどうですか?

news.livedoor.com

 

 大学は法学部で、大学院は哲学を学んだのだけれど、いま振り返ってみても大学時代はあまり意味のある4年間とは思えなかった。

 

 それよりかは大学院での3年間の方があまりにも密度が濃くて意味のあるものだと振り返って思う。

 

 それはこの記事でもまさに書かれているように、私は大学時代の4年間は勉強という勉強をほとんどしなかった。

 

 入学して3ヶ月は法律の勉強に集中して、六法全書を周囲の誰よりも早くぼろぼろにした記憶がある。

 

 しかしそれから法律を勉強することについてどうしても面白みを感じられなくなってしまって、その後は多くの大学生がそうするように、単位稼ぎの残り3年半を送ってしまった。

 

 本当に無駄な大学生生活だったと思う。

 

 法律の勉強はほどほどにし、それ以外は自己啓発本を読んだり、村上春樹を読んだり、内田樹の本を読んだり、哲学、倫理学の本を読んだり・・・と、完全に文学部的な勉強を自学自習していた訳だ。

 

 私は日東駒専の大学出身なのだが、もしも文学部を最初から目指して大学受験をしていたら、MARCH以上の大学に最初から入れたんじゃないかな〜と、今更ながら思う。

 

 大学院はその復讐を果たしてMARCHの大学院に入ることができたので、それはなんとか自分の努力と運の良さに救われたところだ。

 

 ただしかしこうして社会に出て5年も働いてみると、学歴はほとんど意味のないものだということが分かった。

 

 学歴は何の為にあるのかというと、自分自身のプライドのためと、就活の際に少しでも有利になるためだろう。

 

 そのため社会に出たら場合によっては寧ろ高学歴というのは足かせになる。

 

 ◯◯大学出てるからアタマいいんでしょ?

 ◯◯大学出てるんだからこれくらいできないと恥ずかしいよ?

 

 あー、でたでたこの手のあおり。

 

 消えてしまえって感じですよ。

 

 こんなの全部ひがみですよ。

 

 私も何回かこの手のひがみを受けたことありますよ。

 

 しかし裏を返せば自分自身があまり仕事ができていないということであったので、その点は反省しなければならないけれど。

 

 そうだとしても、やはり学歴というものは場合によっては邪魔でしかないものなのだ。

 

 仮に低学歴だったとしても、社会に出たら何も関係がないし、それが問題だとしたら、それは自分自身の問題だ。

 

 つまり学歴コンプレックスというもの。

 

 しかしこれ、考えてみれば非常にどうでもいいものじゃないですか?

 

 だって、学歴で飯が喰える訳ではないし、学歴で結婚ができる訳ないじゃないですか。

 

 すべてはその後の自分自身の努力と工夫でしょう?

 

 それに、学歴に頼っているというのはどこか他者志向的で、大きいものに頼り、仮にその大きいもの、つまり企業が死んだら、自分も死ぬしかないですよね?

 

 福沢諭吉が「学問のすゝめ」でこう言っている。

 

 独立の気力なきものは必ず人に依頼し、人に依頼するものは必ず人を恐れる。
人を恐れる者は、必ず人に諛(へつら)うものなり

 

 

 簡単に言うと、頼る人は弱く、奴隷に等しいということだ。

 

 だからこそ、自分自身を信じて社会に出ても勉強するってことが何よりも大事。

 

 いい大学、いい会社に入ったからってそれで終わりなわけないですよ。

 

 人生100年時代って最近よく言いますよね?

 

 だとしたらそこから人生は少なくとも70年はつづいていくんですから。

 

 また、哲学者の芦田宏直はこう言っている。

 

芦田宏直@jai_an

何でもいいから、古典を一冊読み切れ(そして何回も読み切れ)。そしたら学歴コンプレックスは消える。RT @promminent55@jai_an 先生。この学歴コンプを成敗してくだせー。 @Lito_tweet

posted at 03:04:19

 

 これですよ。

 

 私は大学生時代にこの言葉にハッとされて、結局大学三年のときに周囲に流されながらやっていた就活を辞め、フランス哲学、特にレヴィナスと云うユダヤ系フランス人哲学者について本格的に研究したいと思い、それから大学院進学を決意し、大学四年の8月から院試の勉強を始めて、今に至る。

 

 また、実際今はゲーテとの対話を読んでいる。 

 

 

 まだ上巻の半分も読んではいないのだけれど、毎日毎日少しずつ読み進めている。

 

 このマンガバージョンががあるのだけれど、あまりにも感動して、それを何度も何度も何度も読み返すくらいだったので、とうとう原書を買ったのだ。

 

 

 以前何度かブログでも書いているのだけれど、本当に感銘を受ける言葉が多い。 

 

www.akatukiiori.com

 

 さまざまなことを書いてきたが、要するに言いたいことは一つ。

 

 毎日コツコツ学ぶことが何より一番大切なんではないか、と。