学んでますか、最近?

インタレスティングなものを探して。

【ニュース】「胸なめた」ニュースからコピーライティングを学ぶ

www.asahi.com

 

 ・・・すみません、タイトルがあまりにも衝撃的だったので、つい記事にしてしまいました。

 

 「胸なめた」って・・・。

 

 まずもって性犯罪的なニュースは分かりやすいので、見られることが多いが、その実際の行為については伏せられることが多い。

 

 しかし今回のニュースは「胸なめた」と、あまりにも具体的過ぎるので、これは記事を書いた人は、見られる為にわざとそうしたのではないだろうか・

 

 しかもこの記事のタイトルは「胸なめた」の争点。

 

 争点。

 

 「胸〜」と、争点という単語の組み合わせが、またなんだかすごくシュール。

 

 思いっきりふざけていたと思ったら次の瞬間急に真面目な態度に豹変すると言うか。

 

 この記事にタイトルを付けたコピーライター?ジャーナリストは、なかなかとんでもない才能の持ち主ではないだろうか。

 

 つまり、一つのキャッチコピーの中に大きなギャップを感じさせるようにもって行くと。

 

 ・・・それにしても、医療行為中の性的犯罪って、非常に難しいな。

 

 真意はどうか分からないけれど、双方が納得いく形で決着がつくといいですね。

 

 

キャッチコピーの教科書 (1THEME×1MINUTE)