学んでますか、最近?

褒める。煽る。皮肉るBlog。

【名言】田中角栄から学ぼう!

田中角栄 100の言葉 ~日本人に贈る人生と仕事の心得

 

 田中角栄は、様々な場面で引用される政治家だ。

 

 私はこの方をロッキード事件で捕まったという、歴史的事実でまずは知ったのだけれど、田中角栄は様々な名言を残していて、個人的に好きなものが沢山あるので、このBlogでも紹介したい。

 

 まずはこれ。

 

時間を守らんヤツは、何をやってもダメだ。

 

 これ、一番好きですね。自分も時々遅刻するので、肝に命じてます。

 

人間、いつも始まりなんだ。これが終わりと決めてくれるのは「運命」だけだ。

 

 

 いかにも自己啓発的ですが、ゴールは次のスタートともよく言いますもんね。私も良く生徒に言います。

 

話をしたいなら、初めに結論を言え。

理由は、三つに限定しろ。

世の中、三つほどの理由を挙げれば、大方の説明はつく。

 

 これは今ではもはやビジネスシーンでは基本中の基本ですね。

 このことを昭和の時代から言っているのは、本当に田中角栄は偉大だ。

 

カネというものはチマチマ使うより、ここぞというときは一気に使え。

その方が、効果は何倍も大きい。

 

 番組でも田中角栄の金の使い方について触れているけれど、こういう哲学から来ているのですね。

 

 この点に関して池上彰がこう語っている。

知らないと恥をかく世界の大問題9 分断を生み出す1強政治 (角川新書)

 

田中はお金の配り方が絶妙だったといわれています。

ある時、こういう趣旨の発言をしています。

「お金は渡し方次第で、人の気持ちを引きつけたり、反発させたりすることがある。何か頼まれごとをしたら、相手からきっと謝礼があるだろうと思っている。ところがそのお礼が、自分が期待している金額よりも少ないと、『なんだ、けちだな』と思ってしまう。それを逆手にとって、想定よりもはるかに多い金額を渡せば、びっくり仰天して、むしろ引け目を感じて、何でも言うことを聞くようになる」

というわけです。

 

 要するに、倍返しですね。

 

半沢直樹/倍返し饅頭(おまけステッカー入り)

 

 

 田中角栄からは学ぶことが多い・・・。