学んでますか、最近?

褒めるブログ。時に皮肉ったり煽ったり。

【マンガ】「私の初めて、キミにあげます」(西沢5ミリ)の女の子の瞳が…!

私の初めて、キミにあげます。

 

 例によって紀伊国屋書店のマンガコーナーをうろうろうろうろしていたら、気になるマンガが。

 

 「私の初めて、キミにあげます。」 

 

 うーん、最初大人向けのマンガかと思ったら、そうではないようだ。

 

 Amazonのレビューを見ても、感動させられたと言うような書き込みが。

 

 それにしてもこの表紙の女の子の表情がいいですね。

 

 困っているような、こちらになにか希求するような、なにかこちらがしてあげたくなるような気持ちにさせられる。

 

 絵の力はすごいなと思い知らされる。

 

 それとこの女の子の瞳がすごい!

 

 ハイライト(目の中の白い部分)だけでなく、まるでコハク、水晶のような美しさ。

 

 ものすごくディティールにこだわっているのがわかる。 

 

 もちろん読者を引きつける為にやっていることに違いないけれど、ここまで細かいと、もはやマンガではなく画集に近い。

 

 おそらくこの漫画を買う人は、Kindleなど電子書籍ではなく紙の本で買う人が多いのではないだろうか。

 

 このようにコンテンツだけでなく、画力で勝負するところに、紙の本が生き残る術が隠されているように思うのだ。

 

 (結局この本買っていないけれど・・・)