学んでますか、最近?

飯テロ、ときどき学び系

【moumoon】なぜ『カタルシス』が最高傑作なのか

 

NEWMOON(CD+Blu-ray Disc2枚組)

 

こんにちは、アカツキです。

 

今回はすごく微妙な知名度のポップデュオ、moumoonについて。

 

moumoonのファンは僕含め数万人単位でいると思うのだが、誰一人として名曲『カタルシス』について語っていないので、

世界で1番最初に、かつ世界で1番分かりやすく語ってみようと思う。

 

 

 

なぜ『カタルシス』が最高傑作なのか

 

今年3月、moumoonはNEWMOONというニューアルバムをリリースしたが、この2曲名『カタルシス』がmoumoon史上最高傑作で間違いない。

 

moumoonについてはかれこれ10年追いかけていて、特に名作だと思う楽曲は3.4曲あるが、特に『カタルシス』は最高傑作だと悟ったのだ。

 

そこで今回、なぜカタルシスが他のmoumoonの楽曲を差し置いて最高傑作と言えるのか、それについて語っていきたい。

 

1メロ

調子ははっきりいって暗い。

どよんとして、テンションも低く、歌詞自体も「悲しい」「孤独」「痛み」「怖い」 などとマイナスワードがある。

このような調子の中で、ボーカルのYUKAさんの歌い方も、悪い意味で悟っている風な歌い方であるため、マイナスな感じに更に拍車がかかる感じなのだ。

イラスト屋さんのイメージで言ったらコレに近い。

f:id:sukosimo_samuku_nice:20191217010800p:plain

 

 

しかし、それが徐々に変わってくる。

 

2メロ 

「偶然」「運命」「信じてる」など、プラスなワードが出始める。

ここで、マイナスからプラスへの転換が見られる。

また、ここ2メロでは誰かに語りかけるような調子になり、孤独でなくなっている状態、暗い海の底から明るい空の下へ浮上していっている様子だ。

イラスト屋さんのイメージで言ったらこんな感じ。

f:id:sukosimo_samuku_nice:20191217011106p:plain

サビ

「恋」「永遠」という、分かりやすく恋愛に関するプラスなワードが出てくる。

しかし、そんな中でもこんなフレーズが。

「嘘でもいいから、君の言葉で聞かせてよ」

・・・

え?

・・・

嘘でもいいから聞きたい、と言うところ、引っかかりませんか?

・・・

おそらくこういうことだろうと思う。

今の恋、それはきっと終わりがくるものなのだろうけれど、それでも幸せを感じさせることを、目の前の一番好きなカレシから聞きたい!!ということが心情としてあるのだろう。

「夢を見させてほしい」と言うワードがその後に出てくるところからも、とにかく思いを言葉にしてほしい、というところなのだろう。

つまりオンナゴコロをこのサビで語っているのだ。

イラスト屋さんのイメージで言ったらこんな感じだ。

f:id:sukosimo_samuku_nice:20191217012744p:plain

 

まとめ

どうにも切なく、悲しくてどうしようもないこともあるけれど、しかし幸せを求めて止まない、絶対にあきらめない強い気持ちがある、という思いが内燃しているのが、カタルシスだ。

1メロとサビのギャップがすごく幅があるのが、カタルシスという楽曲だ。

この場合、ギャップと言うのは歌詞だけでなく、メロディーライン、そしてボーカルの歌い方もそうだ。

このように、幅がある楽曲というのが、名曲といえるのではないだろうか。